トピックス

安心できる空間をつくることが、子どもの「できた!」につながる リーフサポート体操講師の想いとは

リーフサポートで体操講師として、保育園や学童の子どもたちに体操や運動遊びを教える安達 雄祐さん。入社7年目で、リーフサポートとして会社が独立する前から体操指導員として活躍。今では指導チームのリーダーも務めています。

そんな安達さんの体操教室に密着すると、初めて教えるクラスの子の名前をすぐに覚えたり、ケガをして体操ができない子も一緒に楽しめる工夫をしたりと、先生としての想いや工夫が随所に感じられました。

安心できる空間で、のびのびと楽しみながら、どんどん体操ができるようになっていく子どもたち。そんな体操教室を行う安達先生に、子どもたちへの接し方や想いについて、お話を伺いました。

 

続きは以下のSOCiO WEBからご覧ください。

https://socioak.com/newsroom/20220401/

<リーフサポート>一覧へ戻る

関連記事はこちら

矢印