Socioak

NEWS

新着情報

ソシオークグループ、育休後の復職率を過去5年で94%達成。女性の役職者及び事業所責任者は73.5%

社会課題をビジネスで解決することに挑戦しているソシオークグループは、SDGsにおいては、グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」を重点課題として選定し取り組んでいます。

特に雇用においては『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ』前文にある通り、すべての人々の人権を実現し、ジェンダー 平等とすべての女性の能力強化を達成することに力を注いでまいりました。

そしてこの度ソシオークグループは、女性社員の育児休暇からの復職率が過去5年間で94%を達成しました。この数字は、産育休修了者183名に対し、173名が復職したことによります。

これは現在、第1子出産後の女性の継続就業割合53.1%(※1)という半数以上が出産を機に離職している状況と比較して非常に高い水準となっております。

また、ソシオークグループは2021年4月1日現在、社員数8,978名のうち6,560名の73%が女性社員です。そのうち、本部の役職者及び事業所責任者・副責任者は総勢2,074名ですが、73.5%の1,524名が女性であり、子育てと両立しながら業務に取り組む女性社員の活躍の場が拡大しております。

今後もソシオークホールディングス株式会社はグループ会社とともに、ジェンダー 平等を促し、全ての人が活躍できる社会実現に向けて、事業活動を通して挑戦しつづけてまいります。

※1:令和2年度厚生労働白書より

PAGE TOP