Socioak

NEWS

新着情報

「やさいと仲良し大作戦」と題し、ミニトマトの食育イベントを開催しました

ソシオークグループ・ハガクレフード株式会社は、グループ会社の株式会社明日葉が運営する明日葉保育園宮崎台園にてミニトマトの食育イベントを開催しました。ミニトマトはグループ会社の株式会社てしお夢ふぁーむから新鮮なミニトマトを仕入れ、グループ会社3社の共同食育イベントとなりました。

同イベントはハガクレフード株式会社が企画し、野菜嫌いをなくし、野菜を身近に感じることで野菜好きの子どもが増えることを目的に「やさいと仲良し大作戦」と題し、ミニトマトの食育イベントを2019年8月28日に開催。明日葉保育園宮崎台園の年長・年中クラスの13名が参加しました。

ミニトマトすくいの準備をしている間から子どもたちは興味津々。担任保育士からイベント説明の後は早速トマトすくいスタート。4~5人のグループに分けて順々に実施。大きなトマトを選んだり、色がきれいなトマトを選んだりとコツを覚えるとあっという間にトマトがすくえました。

全員がすくい終わったら今度は大好きな絵本の時間。この日はトマトに関する絵本でトマトさんの迫力満点の表情と先生の臨場感ある読み聞かせに前のめりになりながら絵本をみていました。その後は、生産者のてしお夢ふぁーむが制作した「種から収穫できるまでのダイジェスト動画と生産者からのメッセージムービー」。生産者自らが説明する小さな種からかわいい芽が出て、真っ赤なトマトになるまでの過程を知ることでよりトマトに野菜に興味をもってくれました。ムービーの終わりにサプライスでトマトマンが登場。トマトマンからは「3つのトマトの力」の話がありました。

そしてお待ちかねのトマトの実食。夏が旬のトマトは甘くて子どもたちからは「おかわり!」の声が複数人からあがっていました。約45分間のイベントはあっという間に終了。トマトは家庭でも話題にして欲しいとのことで、お土産用にしました。

ハガクレフード株式会社では、この他にも保育園向けに同社が運営受託する各園の給食室から集まったスタッフが毎月野菜レシピを考案、試作。できたレシピをご家庭に配布し、家庭でも子どもが野菜好きをなってもらえるような取り組みを行っています。今後もハガクレフード株式会社では、食の大切さや豊かさ、健全で健康な食生活を伝える食育活動を推進して参ります。

■プログラム内容(約45分)
(1)ミニトマトすくい
(2)へたとり
(3)保育士によるトマトに関する絵本の読み聞かせ
(4)種から収穫できるまでのダイジェスト動画と生産者からのメッセージムービー
(5)トマトマンが登場し、トマトの3つの力の説明
(6)ミニトマトの実食

■てしお夢ふぁーむのミニトマト
てしお夢ふぁーむは障がいがあることで、一般企業への就労が困難な方が働くことができる就労継続支援A型事業所です。仕事は作業工程ごとのマニュアルや本人の適正に応じて業務分担しており、一定の品質を保つことに成功しています。第二農場ではミニトマト(千果)を生産し、栽培期間中に「農薬を使用しない」または「できるだけ農薬を抑えて」栽培しています。当農場のトマトの特徴は3つあります。

(1)糖度が高く、鮮赤色で美しい光沢のミニトマト。低段栽培により、味がしっかりつき美味しい。
(2)高精度コントローラにより水分量・施肥量温度を管理。一年を通して安定した味を提供。
(3)土は栽培毎に入れ替え。ANS培地により根がよく張り、病気に強い。

PAGE TOP